カノウカガクのアガリクスは安全です!!

平成18年2月18日付、厚生労働省発表によるキリンビール子会社のアガリクス製品「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒」の問題の件につきましては、多大なるご心配をなされたものと思われます。しかし、この件に関しましては平成18年3月に、カノウカガクのアガリクス製品は厚生労働省の検査と同等の検査を以前より行っており、全てクリアしている旨の見解をお知らせいたしました。

そして、その後平成18年3月20日に最終的な結果が厚生労働省より発表(表1)があり、カノウカガクのアガリクス製品が原料としております「アガリクス ABPC」は、全ての試験項目について安全であるとの結果が出されております。

問題となりましたのは、キリンビール子会社のアガリクス製品「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒」という、中国産の乾燥アガリクスを輸入し、そのまま国内で粉砕・加工した製品です。中国で露地栽培されたアガリクスは、かねてから重金属や乾燥方法等に問題があると指摘されていました。

カノウカガクのアガリクス製品は、重金属やアガリチンを含まない菌糸体(根の部分)をタンク培養し、国産の副原料を配合した、他社の追従を許さない独自の特許(特許第3382820号・特許第3428356号)に基づいて製造しております。

しかも、国の高度な試験で安全性が認められ、全項目に於いて全く問題のなかったのは、カノウカガクのアガリクス製品の原材料である「アガリクスABPC」だけであり、キリンビール子会社の製品とは基原料から製品化まで、全く異なった製品であります。

従って皆様に自信を持ってお勧め出来る製品ですので、今後ともご安心の上カノウカガクのアガリクス製品をご愛飲下さいますよう、お願い申し上げます。

表1 ≪厚生労働省発表、最終結果≫

  遺伝毒性試験 中期多臓器
発がん試験
アガリチン
含有量
(μg/g dry)
復帰突然
変異試験
染色体
異常試験
小核試験
キリン細胞壁
破砕アガリクス顆粒
1,348
仙生露顆粒
ゴールド
408
アガリクス
K2ABPC
顆粒
N.D.※

※ N.D.は「検出されず」の意

≪ABPCは栄養補助食品として米国FDAに登録されています≫

カノウカガクのアガリクスの原料であるABPCを米国において栄養補助食品(Dietary Suppliment)としての販売を目指し、「新規栄養食品成分(New dietary ingredient)」としてFDA(食品医薬品局)に申請し、2005年6月に登録され販売の承認をいただきました。

米国では栄養補助食品を販売する場合、1994年10月15日以前に流通していなかった素材に関しては「新規栄養食品成分」としてFDAに申請する必要があります。

その結果、ABPCは213番目の新規栄養食品成分としてFDAに登録されました。

ABPCは米国で栄養補助食品として販売されています。

株式会社カノウカガク

お申し込みは、お電話・FAXでも承っております。048-960-7227